COVID-19

新型コロナウイルスに関する注意喚起

(台湾当局による外国籍者に対する入境制限措置について)

 

318日、中央流行疫情指揮中心(中央感染症指揮センター)は、

衛生福利部疾病管制署のプレスリリースにおいて、次の通り発表しました。

  • 3月19日午前0時(台湾時間)より、すべての非台湾籍の入境を制限することとする。
  • 全ての非台湾籍者のうち、事前に申請.許可を得た者のみ入境を認めるが、入境後は14日間の自宅検疫とする。

 

<3月18日付け衛生福利部疾病管制署のプレスリリース>

https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/mwGBh07PQ_2FeJvl9xhfZw?typeid=9

 

以上の措置により、3月19日午前0時(台湾時間)より、日本人を含む外国籍者が台湾に入境するには、居留証.外交公務証明.ビジネス契約履行証明、又はその他の特別な許可が必要となるほか、入境後には14日間の自宅検疫を義務づけられることとなります。

 

情報源:公益財団法人日本台湾交流協会